Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer
country flag
設定を記憶させる
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer

 

 

コロンボ

 

テンポの速い都市生活か、のんびりとリラックスしたビーチのどちらを選ぶとしても、コロンボは素敵なスリランカへの玄関口となります。

 

クラブジラと格闘?

「ミニストリー・オブ・クラブ」はスリランカのクリケット選手と有名シェフがオーナーです。メニューは蟹三昧です。サイズはS/M/LからJumbo/Colossal/OMGまで選択できます。勇気のある方は、クラブジラ(2kg以上のカニ)をぜひお試しください。トッピングは、チリ、ペッパー、バター、ガーリック、カレー、またはベークドから選択できます。どのスタイルを選択しても、気分は蟹天国です。

ゴール・フェイス・グリーンでタイムアウト

この土地は、元はオランダ軍がポルトガル軍に大砲を打つときに見通しがきくように切り開いたものです。長年にわたり、このスペースは競馬、ゴルフコース、クリケットの試合などに利用されてきました。今では、凧揚げ、ピープルウォッチング、ピクニックに最適な場所となっています。 インド洋に沈む夕日を見ながら、コロンボのコミュニティ精神を共有してみませんか。

エレファントサファリとゾウの孤児園

スリランカでは、ゾウは崇拝の対象となる動物です。Milangoda Rajaとは、キャンディのエサラペラヘラ祭りに参加し、40年間にわたり重要かつ神聖なトゥースレリックキャスケットを運んだ牙の長いゾウのことです。これはスリランカの数頭のゾウにしか与えられない機会です。ヤラ国立公園かミンネリヤ国立公園のサファリに参加すると、野生のゾウを何度も見る機会に恵まれます。ピンナワラとウダウェラのゾウの孤児園では、ゾウが川で水浴びをしていたりして、自然愛好家にとっては夢のような場所です。

Please note that bassinet seats are not available in First Class cabin. In case you want to proceed with your booking, please click "Continue"