Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer
country flag
設定を記憶させる
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer

 

 

チェンナイ

 

チェンナイ(旧マドラス)は、南インドのタミル・ナードゥ州の歴史的名所や象徴的な寺院への玄関口です。

 

マハーバリプラムの寺院は心を奪われるほどの美しさです。

7~8世紀に建てられた古代寺院の浅浮彫りの石の彫刻には、マハーバリプラムの美しい物語が描かれています。これはベンガル湾沿いの有名な海岸寺院や、4kmほど北上した丘の上にあるヴァラーハ石窟寺院など、多くの場所に見られます。最も魅力的な名所は、今にも転がり落ちそうな状態で丘の上に静止している巨大な花こう岩です。クリシュナのバターボールは、高さ6m、幅が5mもあります。安全な場所へ移そうという試みはすべて無駄に終わりました。どうしてこのような中途半端な状態で静止していられるのでしょうか。

マトリマンディールで瞑想を 

チェンナイからほんの1時間ほどの場所にあるのが、実験型居住区のオーロヴィルです。49カ国の国々から集まった2,500名を超える人々が、「すべての信条、政治、国籍を超えて、平和と進歩的調和」を実践するために共同生活を送っています。ピースエリアの中心にある大きな金色のゴルフボールがマトリマンディールで、一般公開されています(要予約)。

セントジョージ要塞 

セントジョージ要塞は港に佇む植民地様式の建物群で、かつては東インド会社の本社が置かれていました。現在では多くの建物がタミル・ナードゥ州の立法議会の私用・公用施設となっています。ただし、英領だった頃の多くの遺物が収容されている博物館は一般公開されています。この要塞には、インド最古の聖公会系教会であるセントメアリーズ教会があります。ここは静けさと平安に満ちたオアシスです。

Please note that bassinet seats are not available in First Class cabin. In case you want to proceed with your booking, please click "Continue"