Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer
country flag
設定を記憶させる
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer

 

 

廈門

 

以前はアモイと呼ばれていた福建省のこの絵のように美しい街は、長い間中国で最も訪れたい場所、最も住みたい場所と言われてきました。 

 

鼓浪嶼島で遊ぶ

鼓浪嶼島のピアノ博物館には膨大なピアノのコレクションが収蔵されていることから、この島はしばしば「ピアノ島」と呼ばれています。車の乗り入れができないため、散策に最適です。 曲がりくねった小道を散歩して、植民地時代の建築を鑑賞したら、日光岩へ向かって、壮大な夕日を眺めてはいかがですか。この場所は、ナショナルジオグラフィック中国版で「中国で最も美しい地域」に選ばれました。

胡里山要塞でタイムスリップ

この歴史ある要塞には、明朝・清朝にさかのぼる大砲があります。兵舎を散策し、見張り台に上って、間近に台湾を眺めてみてください。敷地内には秘密のトンネルが隠されていると言われています。ここにあるドイツのクルップ社製の大砲は、19世紀以降の最大の沿岸防衛用砲台としてギネス記録に認定されています。正装した衛兵と自撮りを楽しんだり、台湾の素晴らしい眺めを背景に集合写真を撮ったりしてはいかがですか。

福建土楼へ足を伸ばす

この驚きの伝統的な共同住居には、深い感銘を受けることでしょう。これらの「土の建物」は、12世紀から20世紀の間に建てられた建築物です。各一族が1つの土楼を占有し、大きい土楼には最大800人収容できます。このコロシアムのような要塞は、石や木、小石、砂などの天然材料で造られ、餅米や黒糖で塗り固められています。土楼を散策すると、これらの場所の壮大なスケールと美しさを満喫できるでしょう。

Please note that bassinet seats are not available in First Class cabin. In case you want to proceed with your booking, please click "Continue"