• Travel alert: 燃油サーチャージ設定のお知らせ Read more
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer
country flag
設定を記憶させる
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer

 

 

プノンペン

 

伝説をたどると、どのようにしてこの都市にロマンチックなあだ名が付いたのかがわかります。ある日、ダウンペンは、4体の銅の仏像をのせた木がトンレサップ川に浮かんでいるのを見つけました。 彼女は、丘の上の方にワット・プノン・ダウン・ペンを建設して、これらの遺物を所蔵しました。この建物は今でも人々の安らぎの場所となっています。

 

クメール文化ツアーに参加しよう

クメール建築様式で建てられた王宮は、金の尖塔と屋根の細部に施された華麗な装飾が特徴です。丹念に手入れされた庭園には、クメール戦士の美しい彫刻が飾られています。王宮の裏には赤色砂岩の国立博物館があり、アンコール王朝時代からの5000を超える工芸品を所蔵しています。アンコールワットを造るきっかけとなった歴史について詳しく学びましょう。カンボジア宮廷舞踊団やクメールアプサラ影絵芝居のライブ公演もお見逃しなく。国外追放されていたカンボジアの舞踊家たちがフランスから戻り、クメールルージュ政権時代にほとんど失われていたこれらの芸術形式を復興しました。 

チェンエク大量虐殺センター

この美しい記念館は、ポルポト率いるクメールルージュがカンボジア人口の推定25%(約300万人)を虐殺した、カンボジアの激動の過去を忘れないために建設されたものです。キリングフィールドは厳粛な場所で、その仏舎利塔には、この共同墓地で見つかった遺体のほんの一部、5000人分の頭蓋骨がおさめられています。この場所には粛然たる歴史がありますが、その周りを飛び回る数百の蝶が希望を感じさせてくれます。 

 タプローム寺院

『トゥームレイダー』に出てくるシェムリアップのタプローム寺院と混同しないでください。この古代の建物は、トンレバティの湖岸に沿って、プノンペンからわずか30km離れたところにあります。この風光明媚な遺跡にはアンコール王朝時代の雰囲気が漂い、浅浮き彫りの彫刻が見られます。写真をたくさん撮ったら、湖岸に数多くあるカバーナでピクニックをお楽しみください。郷土料理のカエルの炒め物をぜひご賞味ください。

Please note that bassinet seats are not available in First Class cabin. In case you want to proceed with your booking, please click "Continue"