Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer
country flag
設定を記憶させる
Skip to Navigation Skip to Content Skip to Footer

当社のストーリー

 

マレーシア航空は、マレーシアの代表的な航空会社であり、oneworld航空会社アライアンスのメンバーです。Malaysia Airlines Berhad(MAB)は、2014年にMalaysian Airline Systems(MAS)がBursa Malaysiaから解散され、その後2015年8月31日に運営を停止し、2015年9月1日に国営航空会社として運営を開始しました。

同航空会社は、Malayan Airways Limitedとして創設され、1947年にその最初の商用便を運航しました。1963年にマレーシア連邦が成立後、Malaysian Airwaysに社名を変更しました。同航空会社は、1966年にMalaysia Singapore Airlines(MSA)、1972年にMalaysian Airline System(MAS)に社名を変更しました。

マレーシア航空は、優れた温かいおもてなしの代名詞である製品およびブランドの長く誇らしい歴史を持っています。国を代表する航空会社として、航空業界から数々の賞を受賞し、スカイトラックス社から何度も「世界の5つ星航空会社」の栄冠を与えられ(2009年、2012年、2013年)、ワールド・トラベル賞からは「アジアの一流航空会社」としての評価を得ています(2010年、2011年、2013年)。

当社には、国家発展に貢献した申し分のない実績があり、特にエンジニア、パイロット、客室乗務員などの技能を有する社員のための人材育成の場となっています。当航空会社は、マレーシアを世界へとつなげる重要なイネイブラーとしての役割を果たし、国の発展に貢献してまいりました。グローバルネットワークとして、当社はマレーシアとその周辺への最良の飛行方法をご提供します。 

マレーシア航空はMalaysia Aviation Group(MAG)の一部であり、世界50か所以上の目的地にサービスを提供し、毎日300便以上を運航しております。

oneworld®のメンバーとして、マレーシア航空は150か国を超える1,000か所以上の目的地へのシームレスな旅の最良の接続、および世界650か所以上の空港ラウンジへのアクセスをご提供しております。

マレーシア航空は当社の拠点であるクアラルンプール国際空港からのフライトを運航し、ヨーロッパ、中東、オーストラレーシア、北アジア、南アジアおよび東南アジアを含む世界全体に接続をご提供します。 

 

 

当社の機材は、6機のエアバスA380-800、15機のエアバスA330-300、および54機のボーイング737-800から成ります。発注済みの最初のエアバスA350 XWBの6機は2017年末までに納入されます。エアバスA350 XWBは、最終的にA380の後継機となります。このエクストラワイドボディの機材は、プレミアムの長距離路線で、エコノミー、ビジネス、ファースト(アジアで運行するA350唯一のファーストクラス)の3つラグジュアリーなキャビン構成で運航されます。当社初の機内WiFiを装備しています。

マレーシア航空は、マレーシアの豊かな伝統、文化、料理、温かいおもてなしを通じて、機内において素晴らしい多様性を体現しています。受賞歴のある客室乗務員は、この伝統的なサロン・ケバヤを制服として着用しています。制服は、マレーシアの伝統と文化の誇りを反映するようにデザインされています。バティックをモチーフとしたデザイン要素には、センパカ、ジャスミン、ハイビスカスのような現地の花が含まれます。 

当社のプレミアムキャビンクラスの座席での機内体験は、豪華でゆったりとした座席、上質のダイニングサービス、一流の機内エンターテイメント、ゆとりの手荷物許容量、プレミアムチェックインサービスなど、投資に値します。マレーシア航空のシグネチャディッシュであるサテーは真心を込めて丹念に調理されており、スパイシーなピーナッツソースと付け合わせを添えてお出しし、鶏肉、牛肉または両方をお選びいただけます。ファーストクラスまたはビジネスクラスをご利用のお客様は、当社便のご出発24時間前までに5種類のオプションから機内食を事前注文できる、シェフ・オン・コール・サービスをご利用いただけます。 

安全はマレーシア航空のサービス提供の最も重要な部分であり、当航空会社は、厳格な規制要件および義務に対する忠実な順守に従ってメンテナンスを行うことを保証します。また、当航空会社はトレーニングにも重点を置いており、自社のシミュレータセンター、客室乗務員の訓練学校、および乗務員やエンジニア向けのコンピュータベースのトレーニングのようなトレーニング施設にも投資しています。当社の貨物取扱者も、IATAによって義務付けられているとおり、危険物取り扱いのトレーニングを受けています。

マレーシア航空のフリークエントフライヤーのお客様には、エンリッチのロイヤルメンバーとして、世界中のデスティネーションにおける特典や優遇措置が提供されています。これらには、プライオリティブッキング、ラウンジアクセスおよび様々な特別サービスが含まれます。エンリッチのマイルは、マレーシア航空またはoneworld®メンバー航空会社を利用することで獲得できます。メンバーには、レンタカー、ショッピングでのクレジットカードによる支払いを通して、また、当社パートナーとレクレーション活動に参加することによってもマイルをご獲得いただけます。マイルはフライトでシームレスに引き換えることができます。 

マレーシア航空は、リバプール・フットボール・クラブのオフィシャル国際航空パートナーです。リバプールFCは、東南アジアに1億人、中国に4,000万人と、世界で最もサポーターの多いクラブです。この提携を通して、当社はサッカークリニックやプロフェッショナルコーチングを通して、若きマレーシアの選手たちに機会を提供しています。最近の#MHGlobalキャンペーンでは、アンフィールド・スタジアムでLFCの伝説選手ロビー・ファウラーとガリー・マカリスターと一緒にプレイするという全経費無料の一生に一度きりのチャンスに世界中から20人のファンをご招待いたしました。 

マレーシア航空は、マレーシア全国民を代表して、誇りを持って国旗を掲げて運航しています。国営航空会社として、マレーシア航空は、マレーシア首相によって全国民の間に愛国心を植え付ける目的で立ち上げられたネガラク・イニシアチブを受け入れています。一部の機材は、ネガラクの精神を取り入れた特別塗装のネガラク塗装をあしらっています。当社の機内マガジン『Going Places』および機内エンターテイメントシステムは、マレーシアのヒーローたちやマレーシアにスポットライトを当てた特別コンテンツを紹介しています。

Please note that bassinet seats are not available in First Class cabin. In case you want to proceed with your booking, please click "Continue"